October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

セレンゲティの走行性能について

当ブログ「セレンゲティの轍」へ訪問頂きありがとうございます。
アクセスログを覗いてみました。
このブログには「セレンゲティ 坂道」で訪問頂いている方が最も多いようです。
改めてキャンピングカーの動力(走行)性能に興味があるんですね。

さて、皆さんがご興味があるセレンゲティの坂道の走行性についてまとめて書いてみたいと思います。

ザクッと一言で申し上げると

「可もなく、不可もなく」ですかね。つまりは、それなりです。

比較対象をどこに置くのか、それによって意味合いが異なると思います。
  • 他のキャンピングカーとの比較なのか。
  • 一般車との比較なのか。
  • どの程度の登坂を想定しているのか。
  • 高速、一般道どちらを想定としているか。

このあたりの想定が違うと全く違う結論になると思います。

 
例えば、キャンピングカーとの比較についてです。
私自身、初めてのキャンピングカーがセレンゲティなので厳密な比較はできないんですが、レンタルをした経験や試乗をした感触からの感想であることはご容赦ください。
国産キャブコンとの比較という観点で見れば、セレンゲティに限らずハイエースベースのキャブコンはトップクラスに入るのではないでしょうか。
カムロードなどのトラックベース、ボンゴやタウンエース系のライトキャブコンとの比較になると思うんですが、元々のベース車の性能としてハイエースがトップクラスにあると考えています。セレンゲティは、ハイエースワゴンタイプがベース車なんですが、4WDでもガソリン車となります。
一般論としてガソリン車よりもディーゼルの方がパワーがあるとは思いますが、その分を差し引いてもハイエースの走行性は洗練されていると思っています。
そのため、特に高速道路での坂道走行は、他のキャンピングカーと比較してもトップクラスと思っています。

一方で、一般車両との比較となると残念ながら、軽自動車よりも後塵を拝している状態です。
3t近い総重量があるセレンゲティでは、1t超程度の一般車両と勝負しようというのが間違っていますね。
前の一般車で乗っていたノアと比較しても、高速の坂道性能はノアに全くかないませんし、一般道でのきつい上り坂では勝負するのもおこがましい状態ですね。
高速(関越の渋川伊香保〜の下り車線の坂を想定)ではセレンゲティは80劼任料行であれば問題なくできます。100劼鯡椹悗垢里倭蠹な踏み込みが必要になる感じですね。
特にキャンピングカーでは1度速度が落ちると戻す、上げるまでそれなりに時間とパワーを要します。上り坂となるとなおさらです。

ここまで書いてふと思いましたが、あの区間は80卆限だったかな。だとしたら、問題なく走れます(笑)

一般道についてですが、先日伊豆に行ってきまして、伊豆高原のかなり急な上り坂を上ってきましたが、上ることはできました。Max20〜30劼任靴燭(汗)
通行量がそれなりにある山道でなければ、特に気にすることなく走ることは可能です。自分自身はそれほどストレスは感じないですかね。一般車ほどの力強さやスピードは出ませんが、通常山道はくねくね道なので、キャンピングカーで速い速度で突入できないので結果として一般道の上り坂はあまりストレスがないというのが僕の感想ですね。
北海道とかで長い直線の上り坂があったりすると違うかもしれませんが。


結論としては
「キャンピングカーの中では走行性能は十分な方だが、一般車と比べてはいけない」
です。
「一般道の山道では可能な限り後続の一般車に道を譲り、高速は登坂車線or走行車線」
が僕のスタイルですね。

JUGEMテーマ:キャンピングカー

comments

ゆきさん、コメントありがとうございます。
アレンはタウンエース(ライトエース)ベースですよね。

今のセレンゲティの中古車両を見つける前は、セキソーボディのTOM23を購入しようと思っていましたから、ライトエースベースの車が走行性能が良さそうなのはなんとなく認識していました。
実際に問題がないとのことで、自分の選択が間違っていなかったんだと確認でき嬉しいです。(購入には至りませんでしたが)

まさに、その通り! 普通乗用車と比べたらやはり厳しいですよね。

アレンは積載しても2t強で収まるので、軽自動車と比べ、遜色無く走れてはいますが、普通乗用車と比べたら、アクセルを踏み込む量は増えますね。

流石に高速登りで80キロを割るような事はないので、キャンカーとしては充分だと思います。

  • ゆき
  • 2015/10/07 2:01 PM
   

trackback

pagetop