December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

実家への帰省(お泊り無しなので、番外編?)

今週末に僕の実家にセレンゲティで帰省してきました。
両親への車の紹介と近くのお祭りへ子供たちを参加させることが目的。
ちなみに、僕の実家は東京の下町といわれる地域にあり、決して駐車場事情がいい場所ではないです。

実家は団地内の駐車場が月極からコインパーキングに変わったところがあり、そちらで無事駐車できました。
お祭りの会場は、実家から車で10分ほど行ったところのため、車以外の手段だとちょっときつい。
(学生時代とかは、自転車で行ってましたけど、子供を連れているので・・・。)

で、せっかくなのでセレンゲティで行くことに。
子供たちも、じぃじやばぁばと一緒に乗れてご満悦。
 
結論からいうと、お祭りをなめていました。
結構駐車場が空いていなくて、結局歩いて7,8分のところに駐車。
まぁ、停められただけよかったですが。

うちの長男は、盆踊りが大好きで勝手な振り付けで踊って楽しんでいます。


次男坊も、お兄ちゃんに影響されてか、ちょっとだけ踊ってました。
二人とも音楽とダンスが好きなんですよね。

そして、最後に花火を見て帰りました。数百発?位だと思いますが、子供たちは初体験なのでちょうど良かったのではないでしょうか。

お出かけ自体は、キャンピングカーである必要性は「0」でしたが、楽しい旅行にはなりました。
(唯一活躍したのは、帰りに母から貰うお土産を冷蔵庫で冷やしながら帰れたことですね。)

ただ、今回のお出かけで思ったことは

「実家へセレンゲティで行くのは、基本的に無し」

ということですね。
やはり、都内ということもあって決して広くない駐車場が多いことや、交通量の多さがあり乗り降りのために一時的に駐車場などに突っ込むとバックで道路に出ないといけなくなります。
しかし、バックで出る時に左右から車が来ていることはほとんど確認できない!
なので、誰かに後ろを見てもらわないといけない。
晴れていればいいですが、雨の日はつらいですよね。

ということで、実家には普通の車で行こうと思いつつ、帰路につきました。

あ、でも、ばぁばも思ったよりも乗り心地が良かったようで、これならじじばば込みの6人でのお出かけも可能かもしれません。
(泊まりは無いかなと思いますけどね。)

JUGEMテーマ:キャンピングカー

comments

   
pagetop