June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

初めてのキャラバン:その4湯沢編(最終回)

またまた、前回の続きです。

この日は、南魚沼市の道の駅でP泊です。
前日にスーパーで買っておいた朝食を子供の離乳食と一緒に湯煎して温めて、味噌汁と一緒に食べました。
ちなみに、味噌汁等に使う水は自宅から2Lのペットボトルを持ってきています。

今日の目的は、いつものスキー場へ行ってみることと雨が降っていなければ、フィッシングパークで魚のつかみ取りです。

まずは、いつものスキー場へ向かって出発です。
出発して5分後に、上の子が「う○ち出る。」
え〜!ということで、ユーターン。
道の駅まで戻ってう○ちです。
何とか間に合い、事なきを得て再出発です。

 
いつものスキー場とは上越国際スキー場です。
上越国際に行ったことがある人は、あのスキー場なら問題ないでしょ?と思うと思います。
はい、確かにホテル前や大沢、美奈はまったく問題ないです。
目的は、当間に行くことです。当間は雪の時期は、2WDのステップワゴンの友人はたどり着けず、他車に分乗して移動しています。(友人のパジェロイオやうちのノアなど)
今の時期は雪はないですが、キャンピングカーであの曲がりくねった山道を行くとどんな感じなのか確かめておきたかったんです。

結論からいうと、たぶん4WDでもボンゴベースでは厳しいかもしれない。
前日も感じたパワー不足でローギアが必須。雪がある状態で、ローギアオンパレードで上れるかな?と不安になりました。

とはいえ、今の時期は雪もないですから問題なくゲレンデまで到着して、ユーターンでした。
この頃には雨も上がり、予定通りフィッシングパークへ移動です。

湯沢にあるフィッシングパークは、岩魚釣り以外に、つかみ取りもできます。釣りは結構いいお値段なのでつかみ取りをしようと受付にいくと、え?つかみ取りやります?今日は誰もやっていないけど・・・。と困惑された。
でも、つかみ取りでいいですとチャレンジ宣言。
息子と二人でとることに。
ここのつかみ取りは、自分たち専用のいけすに購入した分の岩魚を放してくれます。つまり、必ず購入した匹数の魚は取れるので安心です。
早速、上の子といけすに入って追いかけるぞ!
つ、冷たいっす。
体感的には、5度くらいの水温じゃないでしょうか。
数秒で足が痛い感じに。息子はというと、すでに泣きそう。
どうりで誰もつかみ取りしていないわけですね。

ということで、ちょっくら作戦変更です。
息子は丘に上げて上から網で取らせてみようと。

でも、速いんですよ。岩魚が。正直、僕でもつかみ取りなんて100%無理ってスピードですよ。
網でも何回かやって何とか取れるって感じでしたから。
なので、息子に取れるわけもなく、僕が捕まえた(網で)岩魚を息子の網に入れてあげて取れた風で終了です。

あとで係員に聞いたんですが、岩魚は瞬発力はすごいんですが、持久力は無いとのことでしばらく追いかけているとへばって来るそうです。それか、一度捕まえて少し水から出して弱めてからなら子供でも取れますよとのこと。
なるほどと思いましたが、すでに塩焼きになっていますから、その作戦は次回の参考にします。

取った魚は、自分で内蔵の処理をして炭火で塩焼きに。
キャンピングカーに戻って、フィッシングパークで購入したおにぎりと一緒に食べました。
息子二人ともに好評で、来た甲斐がありました。

お昼を食べ終わったところで、帰路に着きました。19時まで返却なので渋滞にはまってしまうと大変なので。

帰り道は、渋滞も無く無事に自宅までたどり着きました。下り中心の関越はまったくストレスを感じず走れますね。ここだけ見るといい感じなんですけどね。

ということで、1.5泊?のキャンピングカーの旅は終了です。
車を借りに行くのに3時間、返却に3時間かからなければ、非常に楽しい旅だったと思います。


JUGEMテーマ:キャンピングカー
pagetop