June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

初めてのキャラバン:その3水上編の続き

前回の続きです。
ドールランドから、水上に向けて下道を移動しました。

水上に着く頃にちょうど夕立のような雨が降り始めてしまいました・・・。
SLが・・・とも思いましたが、子供たちも寝ちゃったので、焦っても仕方ありません。
水上駅を3時頃出発のはずなので、2時前には着きましたのでしばらく雨の中仮眠をすることにしました。

30分ほど休んでいたら、雨もほとんど上がり上の子が目を覚ましたので、二人でSLを見に行きました。
 
実は子供だけでなく、僕も動くSLを見るのは初めてです。
なにげにワクワクしてたりします。

ちょうど、SLは待機場所で点検等を行っており、すぐそばまで行ける状態でした。
子供と近くまで行って、写真を撮ったり眺めたりしていました。

やがてSLが待機場所から出発位置へと移動(バック)していきましたが、やっぱりかっこいいですね。
そんなこんなをしていると、次男も目を覚ましたらしく、妻と一緒にやってきました。
なんとか入線までには間に合った感じです。
SLが駅に向かって入線を始めようというとき、長男が「トイレ」。
え〜今からなのに?我慢できないの?「うん。できない。」
仕方なく、妻がトイレへと連れて行き僕は次男にSLを見せていました。
結局、上の子は間に合わず。後姿をちょっと眺めて終了です。
まぁ、上の子は近くで見れたからよしとするか。

お昼をだいぶ過ぎてしまったので、道の駅に移動し近くのスーパーでお弁当を買出しして遅めの昼食でした。
下の子の離乳食は、レンタルでもらえたガスコンロで湯煎して温めました。便利でいいですね。合わせて、味噌汁とか準備して飲みました。

このあと、鈴森の湯に立ち寄ってお風呂に入り、晩御飯をそこで食べて今日の宿泊地を目指します。
今晩は、新潟県湯沢(正確には南魚沼市に入っているので湯沢ではないですが、僕らのイメージでは上国あたりまで湯沢なので。)にある道の駅でP泊です。
10時前ごろに到着しましたが、すでに5,6台の車が停まっていました。
トイレからは遠い方に駐車し、ベッドメイキングをして就寝です。
この日は非常に静かで、ぐっすり眠れたと思います。
唯一問題だったのは、朝起きたときに腰が痛かった。
たぶんマットが薄いのと僕の身長にはバンクベッドのサイズがぎりぎりだったのとで、寝返りがしっかりうててなかったかなぁという感じでした。
自分の車にするときには対策が必要ですね。


JUGEMテーマ:キャンピングカー

comments

亀萬さん

なかなかコメントの返信もままならずですいません。
色々と情報ありがとうございます。

今回のレンタルと同程度のマットだと、低反発の布団はちょうどいいかもしれないですね。
雪山用の低反発の布団があるので、自分車が手に入ったら、一度試してみたいと思います。

いろは坂は、地獄じゃないですか?
あの車では行きたくない場所トップランクに入ると思いますね。

まぁ、でもこのあたりは妥協しなければいけないところですかね。

  • rutty16
  • 2014/07/15 10:48 PM

一般道の坂道は確かに辛いですね。
「いろは坂」に行くとよくわかると思います。
ベタ踏みです。

自分もバンクベットで寝ていますが
低反発マットを敷いてます。

前々回の宝台樹の記事でコメントしました。
参考になればと思います。

   
pagetop