May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

我が家の検討内容の整理

これまで、キャンピングカーを購入しようと考えてから3ヶ月程度色々と車を見てきましたが、その中で考えが変わった点、まとまった点などがありましたので、書いておこうかなと思います。

まずは、キャンピングカーのカテゴリーについてです。

・バンコンは荷物、トイレの面から採用は見送る
・キャブコンよりもでかいタイプは論外のまま変わらず
 
ということで、キャブコンタイプのみに絞って検討を進めています。
次に、キャブコンのどのタイプにするかですが、これは正直まだ決め切れていないですね。
というのもライトキャブコンとハイエースベースのキャブコンを選択肢として残していますので、どちらもありというが現状です。
我が家なりの評価としては

ライトキャブコン
・価格が手ごろ(手ごろという値段か?とは思いますが、他のカテゴリーと比べるとです)
・室内の広さもそれなり
・走りはちょっと不安(パワー不足で行きたいところにいけないことがあるかもしれない)
・ボンゴベース以外は選択肢が少ない

ハイエースベースのキャブコン
・選択肢が圧倒的に少ない
・室内は広いものが多い
・パワーは十分ありそう
・見た目がスタイリッシュ
・値段が高い。

という感じです。

ライトキャブコンとハイエースベースのキャブコンを候補として残していますが、ライトエースキャブコンについて1点決めたことがあります。

・ボンゴ(バネット)ベースは不採用
=ライトキャブコンにする場合、TOM23にする。

ということです。
ボンゴベースの車にいくつか試乗してみましたが、TOM23と比較して静寂性、走行時の安定性が異なっているように感じています。タウンエースベースのキャブコン=TOM23(TOM23はライトエースですが)という図式になるのは、それ以外のタウンエースベースの車が3点式のシートベルトに対応できないからです。

走行性、安定性、3点シートベルトの件などのビルダーの対応力、車重など他のライトキャブコンと比べると頭一つ抜きん出ている感じがしています。
(あくまでも個人的な感想です。)

ちなみにハイエースベースのキャブコンですが、もともと選択肢が少ない上に、ガソリンベースの4WDという制約をつけると金額的に候補は1種類に絞られました。

ということで、最終的に残った候補の2車種は

・TOM23
・セレンゲティ

となりました。おいおいぜんぜんコンセプトが違う2車種じゃんかという突込みが聞こえそうですが、気に入ったのがこの2つなので許してください。

とはいえ、セレンゲティの新車は正直価格的に厳しいところがあるので、TOM23で決まりそうな予感です。


JUGEMテーマ:キャンピングカー
pagetop