September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2014年GWのスノーボード:丸沼高原スキー場

GW2日目は、丸沼高原に行ってきました。

前日は、天神平近くに宿を取っていたので、1時間半ぐらいかけての移動です。
こんなときにキャンピングカーがあれば、フレキシブルに宿泊場所を決められるんですよね。
今まで、キャンピングカーのことを意識したことはなかったですけど、あらためてその存在を意識してから自分たちの行動を振り返ると、「あ〜、今あればこう使えるなぁ」って思いますね。
宿泊場所と共に、もう一つキャンピングカーがあればと思ったのは、ブーツの乾燥ですね。
この時期になると半日滑っただけで、ブーツはグッショリです。
 
最近の宿は、乾燥室はありませんからブーツを乾燥させる方法があまりないんですよね。
僕のブーツは、Deeluxeなので成型していることもあり、ブーツ乾燥機を使うわけにもいきません。
こんな時、キャンピングカーならマルチルームを乾燥室がわりにしてブーツやウェアが乾燥できると思うわけです。


↓↓こんなやつです。(ブーツ乾燥機)



さて、丸沼高原の話に戻りましょう。
当日9時前に何とか到着しました。前日は後発隊だった僕が今日は先発です。
丸沼はゴンドラで4kmほどのコースがGWでも滑れる貴重なゲレンデです。
朝一の数本は非常に気持ちい感じに滑れました。

その後、チビどもをつれて来てソリやボードをしている嫁さんと早めに交代しました。
午後になると雪質が変わっちゃいますから、フリーをするなら早目がいいですからね。

前日の天神は短いコースをアイテムを楽しむゲレンデでしたが、丸沼は長いコースのフリーを楽しむ感じです。
どちらも楽しく、非常に有意義なGWのスノーボードでした。

ちなみに、丸沼高原でも数台のキャブコンを発見しました。
ゲレンデ近くには、セキソーボディのTOM200LとトーワモータースのCarbbyが並んで停まっていましたよ。
そのほかに、輸入車やZIL?らしきキャブコンもゴンドラから確認できました。
ハイエースもそこそこ停まっていましたが、キャンピングカー仕様になっているのかは外からだとよくわからずですからね。

TOM200Lのオーナーさんに声をかけて話を聞いてみようかとも思いましたが、勇気が出ず・・・。
でも、TOM200Lはかっこいいですね。ハイエースベースのキャブコンでシルバーのボディ。
すごいすっきりした感じで、嫁さんはたぶんあれが一番好きなんだと思います。

お金があれば、これにするんだけどなぁ・・・。

JUGEMテーマ:スノーボード

comments

   
pagetop