June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ビルダー訪問:セキソーボディを再訪問

春日部方面で時間ができたので、何処に行くか考えました。
AZマックスも考えましたが、ちょっと遠いです。
すでに6時を回っていたので、セキソーボディを再訪することにしました。

目的は、TOM23をもう一度見ることと色々と聞いてみたいことがあったためです。
前回は、勧められたのでとりあえずという感じでばくっと見てしまっていました。
そこで、今回は本当に使えるかという観点でもう一度チェックです。

まず、バンクベッドです。
 
やはりつま先が当たってしまって、ちょっと惜しい感じです。
そんなとき
「バンクベッドなら、好きなだけ長さは伸ばせますよ」
!!!!!まじっすか!
実はこれ、確認したかったポイントその1でした!
ただし、伸ばしたぶんが収納時に仕舞いきれずに出てしまうということ。
我が家の場合、セカンドシートはFASPシートへ変更が必須だと思いますから、シートをスライドすればダイネット展開時にバンクベットの出っ張りをかわすことができそうです。
なので、これは問題ななさそう!

二つ目の確認ポイントは外部収納についてです。あるってうわさでは聞いていたので確認してみたところ、左右についていました。タウンエースの場合、給油口は運転席のドアのすぐ後ろについているので、架装部分ではなく車本体側?についています。なので、両側共に外部収納になっていました。
ただ、左側はサブバッテリーが入るとのことでバッテリー分狭くなるとのこと。
これも特に問題なしですので、OKです。
子供のオムツとか、食事のゴミとかを入れておけるスペースが欲しいので片側でも大丈夫だと思います。

あわせて外部電源の入力口の場所も確認しました。
標準では助手席側についていました。そのままで問題ないので、これはOKです。

もう一つ、確認できたのが運転席と助手席のクリアランスです。
AtoZのアミティを見た時、ボンゴの運転席は3人掛けを基本としているため運転席とドアが近かったんです。普通にハンドルを握ろうとすると僕だと肘がドアに当たってしまいます。
タウンエースベースのTOM23はどうかと確認しましたが、2人乗りでの設計のためめっちゃゆとりがあります。
正直、ノアよりもドアが遠い!
むしろ運転中に肘を乗っけられないくらい距離があります。
これはタウンエースのほうがGoodです。
もう一つ、助手席がリクライニング機能が標準でついています。
これも非常に大きなポイントですね。我が家は、妻が助手席にいて子供たちがセカンドシートにいることを想定しています。
その時に、走行中に腹をすかして叫んでいる子供たちにご飯をあげようと思うと、シートを少しリクライニングさせれば、腕が窓際の長男(すでに窓際が長男と決めています(笑))まで届きそう。
さらに、疲れて眠くなった妻が助手席で休むこともできそうです。(もちろん運転中に少しリクライニングをしてという想定。)
タウンエース恐るべし。かゆい所に手が届いていますね。やはりトヨタだからでしょうか。(中身はダイハツですけど)

ちょっと長くなりそうなので、その2に続きます。

JUGEMテーマ:キャンピングカー
pagetop